オーシャンズ国際サポートセンター お問い合わせはこちら 03-5942-3044

留学お役立ち情報-留学Q&A

留学Q&A

Q1.遠くに住んでいるのでカウンセリングに行けないのですがどうしたらよいですか?m

遠方にお住まいの方や忙しくて直接カウンセリングを受けられない方のためにメールでのカウンセリングや、電話でのカウンセリングを行っています。また必要な書類などは全て郵送しておりますのでご安心下さい。

Q2.いつから準備を始めたらよいのですか?

ワーキングホリデーや語学留学は出発の半年前~1年前頃から情報収集を始めるとよいでしょう。半年前くらいになったら行く都市や語学学校を具体的にしぼっていき、出発の2~3ヶ月前頃までに学校の申込みをする事がお勧めです。大学・大学院留学は入学基準や必要書類などやることが沢山ありますので1年以上前から情報収集して必要書類を揃えたりしましょう。(国やビザの種類によって異なります)

Q3.英語ができないのですが、語学学校に行っても大丈夫ですか?

全く心配はいりません。語学学校は初心者クラスからありますし、学校によっては日本人スタッフがいるところもあります。出発までの期間に中学校で習った文法のおさらいや、単語などを覚えていくのもお勧めします。

Q4.1年間海外で暮らしたいのですが、ワーキングホリデーにしようか語学留学にしようか悩んでいます。m

まずは海外に行く一番の目的を考えてみるとよいでしょう。語学留学は基本的に1年間学校に通って語学の上達を目指す留学スタイルです。ホリデー中に旅行に行ったり、国によっては限られた範囲内でアルバイトができますが、ワーホリのように「半年間の大陸横断旅行!」や「毎日アルバイトして生活費を稼ぐ!」ようなことは難しいです。
とは言え、語学の上達=語学留学、色々やりたい=ワーホリという一般論にとらわれず、自分の予算(語学留学は学費を払った期間分のビザが発給される)や年齢的なこと(ワーキングホリデービザには年齢制限があります)も踏まえて決めるとよいでしょう。

Q5.日本人があまりいない学校に行きたいのですが、お勧めの学校はありますか?

市内から離れた郊外の学校は比較的日本人が少ないですが、実際には日本人比率が10~15%と言われている学校でもクラスによって30~70%が日本人と言うこともあります。一般的にどの学校でも初心者クラスやTOEICクラスや日本の夏休み・春休みの時期は日本人の比率が非常に高いのが現状です。いずれにせよ出発前にできるだけ英語の勉強をして、一つでも上のクラスに入れるように努力することをお勧めします。

Q6.お金があまりないので現地に着いてからすぐにアルバイトをしたいのですが、見つかりますか?

海外ですぐにアルバイトを見つけると言うのは意外に難しいです。それでも時給や職種、場所などに全くこだわらずにある程度の英語力と経験があれば仕事のチャンスは広がってきます。
しかし、せっかく海外に行ったのに毎日、生活費稼ぎのためにバイトの日々ではもったいないと思いませんか?
出発前に資金計画はしっかりと立ててから出発しましょう。

Q7.ホームステイは選べますか?m-1

ホームステイについてよくある質問です。動物アレルギーの方がペットのいない家を希望するなどのリクエストを出すことは出来ますが、複数の候補の中から選べるということはありません。またホストファミリーと「合う、合わない」という話を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、私たちの性格が十人十色なようにホストファミリーも多種多様です。
一般的にホームステイ先でのトラブルの原因は言葉の問題や文化の違いなどから生じるコミュニケーション不足の問題がほとんどです。ホームステイはお客様としての滞在ではなく家族の一員としての滞在なので、ホストファミリーが話しかけてくれるのを待つのではなく自分からも積極的に話しかけてみましょう。
(*「規定の食事が出ない」「お金を必要以上に請求された」「自分以外に日本人がステイしていた」などの場合我慢せずに早めに相談して下さい。)

Q8.現地に行って病気になったらどうすればよいのですか?

風邪や腹痛などの場合、病院に行き診療してもらい薬をもらうというのは日本と同じです。ただし、ここで問題になるのが「言葉の問題」と「医療費」です。海外の医療費は高額で、もし入院となった場合には何百万円とかかることもありますので必ず出発前に海外旅行保険に加入されることをお勧めしています。大都市では日本人スタッフが常勤している病院などもありますので、普段から調べておくと良いでしょう。なお、オーシャンズで現地サポートをお申込みの方は急病などの際には、現地アドバイザーがご相談に乗っております。

Q9.オーシャンズはなぜ無料なのですか?

オーシャンズ国際サポートセンターは、各国の語学学校、専門学校、大学などに正規留学エージェント(代理店)として登録されています。学校に代わって日本語で留学希望者の相談を無料で行い、その結果、入学をお申込いただくことによって、海外の学校から紹介手数料をもらっています。

Q10.留学先の治安が心配です。安全な留学先を教えて下さい。m-2

残念ながら、絶対に安全な留学先というのはありません。日本は世界でも安全な国として知られていますが、海外では夜遅くに1人で出歩かない、見知らぬ人についていかないなど、危険な目に会わないように注意しましょう。また置き引きやスリなどの軽犯罪も多いので、公共の場でも日本とは異なるという事を理解して日々の生活を送ることをお勧めします。ご出発前のオリエンテーションでは現地の治安や注意した方が良いことなどもアドバイスしています。
<参考>外務省・海外安全ホームページ http://anzen.mofa.go.jp

Q11.荷物はどのくらい持って行けばいいですか?

目安としては、スーツケースLサイズ1つ程度です。多くの航空会社では無料で預けられるサイズはLサイズですが、事前に利用する航空会社の規定を確認して下さい。またほとんどの方が初めはホームステイや学生寮に滞在し、そのあとはシェアハウスに移られます。移動する機会もありますので、荷物は最低限にしておいたほうが良いでしょう。また選択は週に1~2回する場合が多いですので、最低1週間分の衣類をお持ちいただくことをお勧めします。

Q12.お金はどのように持って行けばいいですか?

長期留学の方は、入国後2~3か月分の生活費は日本から準備していくと良いでしょう。日本でチャージ(入金)し、海外ですぐに使用することが出来るプリペイドカードのご案内もしております。また到着後は早いうちに現地の銀行口座も開設しておきましょう。

Q13.英語力はどのくらい伸びますか?5

語学学校では10週間~12週間でレベルが1つ上がるようにプログラムが組まれています。初中級でスタートした方は3か月後に中級、中級でスタートした方は3か月後に中上級といった具合です。学校にもよりますが、5段階~7段階程度にレベル分けをされていることがほとんどです。日本で事前にレベルチェックテストを受けることも出来ますので、試験対策コースなどの入学に英語力が必要なコースを希望されている場合や、長期留学の目標を立てたい場合などは受験してみましょう。

Q14.携帯やWi-fiは使えますか?

日本の携帯電話・スマートフォンは海外でそのまま使用するとローミングとなってしまい、高額な使用料につながります。SIMフリーのスマートフォンをお持ちの方は、現地のSIMカードをレンタルもしくは購入し、使用する事が可能です。SIMフリーではない方、短期留学の方にはレンタル携帯もあります。日本でSIMカードやレンタル携帯がお受け取り頂けるプランもあり、出発前にご案内しております。またWi-fiは語学学校や学生寮、シェアハウスでは使用できることが多いのですが、ホームステイ先ではWi-fiがない場合や、使用量に制限がある場合もあります。SIMフリーではないスマートフォンをインターネットに接続したい方や、外出先でもWi-fiを使用したい方は、ポケットWi-fiのレンタルもあります。

留学のカウンセリング/説明会予約 留学の資料請求/お見積り 留学のお問い合わせ 留学のお申込手続き
小・中・高校生対象オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アメリカ・ハワイ2019年~2020年 短期語学留学 留学体験談
留学プログラムから選ぶ
条件を指定して語学学校を検索