違う自分と出会ってみませんか?

オーシャンズ国際サポートセンター お問い合わせはこちら 03-5942-3044

留学体験談-違う自分と出会ってみませんか?

【お名前】藤村真貴奈さん
【行き先】ニューヨーク
【期間】2015年12月~2016年3月
【プラン】語学留学

【学校】Language Studies International NYC

語学学校に行こう。

そう決めたのは、出国予定のなんと2ヶ月前でした。

家族が赴任しているニューヨークに遊びにいくのが当初の目的。

でも、まったく英語は話せない。せっかくなら、英語を勉強したいかも!

そんな軽いノリでした。

当然、何も準備はしていません。予算も準備期間も限られていました。

担当の石田さんにお会いできなかったら、

無謀な留学計画は間違えなく頓挫していたと思います。

 

実際に行ってみてわかったことですが、

ニューヨークはアメリカの中でも非常に特殊な街だと思います。

あらゆる人種が集まっているので、

数ブロック歩くと街並みも歩いている人種も変わってしまう。

世界中の人たちが集まって生活しているので、クラスメートの国際色も豊かでした!

南米、ヨーロッパ、中東、アジア等々。

各国の文化の違いについて話しが盛り上がり、授業が脱線することさえありました。

また授業の一環で、各国の料理を食べにいくというアクティビティを交えることも。

言語だけではなく国際文化も学ぶことができたのは貴重な体験でした。

 

当初は3週間で契約していましたが通ってみると、あっという間。

もう少し勉強を続けたいと思い悩んだ結果、

観光は諦めて2週間学校を延長することに決めました。

学校には日本語を話せるスタッフはいなかったので、

延長に関する手続きもすべて英語で説明されました。

もちろん、このときも石田さんが間に入ってくれていましたが、

支払い等は自分で対応するしかありません。

説明をされ、わからなかったことのほうが多いにも関わらず、

なんとなく理解できた・・・と、うんうんと頷く私。

支払い詳細はメールで明後日までに送ると言われ、スタッフルームを後にしました。

 

ただ、待てど暮らせどメールがこない。

そうこうしている間に延長したクラスがスタート。

学生証に記されている在学期間も更新されていません。

英語でどう説明したらいいのかわからないからと

先延ばしにしていましたが、 意を決してスタッフルームにいくと、

「来るのを待っていたのよ~。」と一言。

どうやら私が支払い方法を勘違いしていたようでした。

結果的には問題はありませんでしたが、

自分がいかに「やってもらうこと」に慣れていたかを反省する出来事になりました。

どこかで思っていました。

学校側がどうにかしてくれるだろう。確認しにきてくれるだろうと。

日本のように待っていればどうにかなる、というのは通用しません。

どのような状況であっても自己責任。

そして、自分の意思を伝えることの大切さを強く感じました。

 

日本に戻ってきて、改めて行ってよかったと思っています。

英語を学べたことはもちろんですが、多くの国の人たちとの関わり、

今まで経験をしたことのない環境に自分を置いたことで、

良いところも悪いところも含め、新しい自分と出会うことができました。

大人になってからの留学は、生活や仕事もあるので一歩踏み出すのも大変です。

でも、クラスメートの大半は仕事を辞めてきていました。

だからこそ、学ぶ意識はとても高かったです。彼らから私は多くの刺激をもらいました。

挑戦してよかったと思います。

そして挑戦できたのは、無謀な条件をすべて聞いて、

最後までサポートしてくださったオーシャンズ石田さんのおかげです。

本当にありがとうございました!!

 

 

【今後渡航される方の為に参考にお伺いしました】

Q1 ホームステイのホストファミリーとの生活は如何でしたか?(学生寮の方は学生寮について)

主人の家にステイしたので、とても恵まれた環境だったと思います。

Manhattanでステイ先を探すと、かなり高額だったようです。

多くの子は、Queens地区やBrooklyn地区でステイしていました。

 

Q2 学校の授業の様子について戸惑ったこと、困ったことはありましたか?

オリエンテーションから英語オンリーだったので、

本当に自分が理解できているのか、不安でした。が、どうにかなりました。

 

授業には苦労せずついて行けましたか?日本との違いはありましたか?

ありがたいことに(?)初級クラスだったので、とても楽しくすごせました。

ただ、他国の人は文法ができないのに話せてしまうので、会話についていけないことも・・・。

単語を知っていて文法が理解できても、会話ができないというジレンマを感じました。

勢いも大切です。

 

Q3 電気製品等で絶対に持って行ったほうが良いものは何でしょうか?(理由も教えてください)

物品名:スマートフォン(現地でも通話できるようにするのがベスト!)

理由 :休講などの情報は、電話をかけてガイダンスを確認する形式でした。

自宅に電話がない場合、確認しようがありません。

 

あとは、「google map」、「what’s UP」のアプリを、

日本でインストールしていくのをお勧めします。

道端で地図を広げていると、いいカモになるのにくわえ、

騙される等々トラブルになるケースもあったようです。

また、アジア圏以外はLINEを使っていません。what’s upというアプリが主流でした。

クラスでグループがつくることもあっただけではなく、帰国したあとも友達とつながり続けられます。

 

Q4 現地の生活習慣やルールで日本と違うと思ったところはどのようなところでしょうか?

・交通機関がクレイジー

ニューヨークは地下鉄(MTA)が遅れる、路線を突然変更することは日常茶飯事。

居眠りして起きたら、しらない駅だったことが何度もありました。

アナウンスは早口で何をいっているか全然わかりません。

そのため、学校も多少の遅刻は目を つぶってくれていました。

地下鉄MAPは必須アイテムでした。

MTAが提供しているアプリもあるので、

インストールすることをお勧めします。

 

・外食費が高い! 

パスタを食べただけで、チップ、taxをいれたら$20を超えることも。

ニューヨークはとにかく物価が高いです。

 

・トイレがない&トイレが汚い

お店のトイレは防犯対策で、ロックがかかっていることが多く自由にはいれませんでした。

(大概レシートに暗証番号がのっている)

しかも、大概信じられないくらい汚いです。

行ける時にトイレにいく癖がつきました。

 

・カード必須
ほぼ、どこのお店でもカード決済(デビットカードorクレジット)が主流でした。

1ドルの買い物でもカードが普通に使えます。

トラベルカードやクレジットカードは必須アイテムだと思います。

レジスターに金額が表示されず、

口頭で金額を言われることも多いのですが、金額を聞き取ることができず

かなりとまどいましたがカードがあれば安心。

 

Q5 1ヶ月のおおよそ生活費はどの位でしたか?(授業料は除く)

生活費:最低10万円。

頻繁に外食をする、観光、お土産等を買うなら、さらに必要だと思います。

日本人の子の中には、気がついたら

一ヶ月で40万円使っていた・・・という恐ろしい話も・・・。

ニューヨークは買い物等の誘惑が多いだけでなく、

遊ぶところも多いので、多くの子が予算を オーバーしている印象でした。

余分にもってくることをお勧めします。

(そのうち家賃代は?):0円

 

 

オーシャンズにメッセージを:

石田さん、本当にありがとうございました!

プラス面、マイナス面をきちんと説明してくれたので、 冷静に学校を選ぶことができました。

そして、かなり無理なスケジュール&無理なお願いを

たくさんしたにも関わらず、すべて要望をかなえてくださったこと、 本当に本当に感謝しています!!!

 

%e3%82%a2%e3%83%a1%e3%83%aa%e3%82%ab%e8%97%a4%e6%9d%91%e3%81%95%e3%82%932

違う自分と出会ってみませんか?
留学体験談一覧へ ≫
留学のカウンセリング/説明会予約 留学の資料請求/お見積り 留学のお問い合わせ 留学のお申込手続き
小・中・高校生対象オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アメリカ・ハワイ2017年~2018年 短期語学留学 留学体験談
留学プログラムから選ぶ
条件を指定して語学学校を検索