パソコン・スマーフォン・携帯電話について

オーシャンズ国際サポートセンター お問い合わせはこちら 03-5942-3044

留学お役立ち情報-パソコン・スマーフォン・携帯電話について

パソコン・スマーフォン・携帯電話について

ほとんどの留学生やワーキングホリデーの方は、ご自身のパソコン、スマートフォン又は携帯電話を持って行くか検討されているのではないでしょうか?
海外で携帯電話を利用する場合、パソコンやスマートフォンを使って、インターネットやメールをする場合の注意事項をご案内いたします。

■ スマートフォン、携帯電話を海外で利用する場合

携帯電話は、現地での連絡ツールとして、必要不可欠なものになっております。
日本の携帯電話は、海外でローミング対応(電話番号がそのまま利用可)が可能な電話がほとんどですが、 海外で利用する際には通話料の他にも、着信時には着信料も別途請求されてしまいます。
また、スマートフォンを使って、インターネット、LINE、スカイプ等を利用される場合についても、電話回線(Wi-Fi以外)を利用して接続をすると、高額な使用料が請求されてしまう場合がありますので、海外利用時の条件を確認した上で、ご利用頂きますようご注意ください。
日常の電話としてお使いになりたい場合や、現地での通話が多くなる場合は、通話料が安くなる現地の携帯電話を購入、又はレンタルする事をお勧めいたします。

【短期・中期留学】携帯レンタルはこちら
【長期留学】携帯レンタルはこちら

携帯レンタル

■ 自分のパソコン又は、スマートフォンでインターネット及びメールを利用する

Wi-Fi(無線LAN)を利用したい場合

語学学校などに通学をされる場合は、学校のWi-Fi回線を無料で利用して頂くことは可能です。
ただし、多数の生徒が一斉に利用するため、データー取得などに時間がかかるなどの問題もあるようです。
ホームステイ先や学生寮などでは、Wi-Fi回線が利用できない場合もありますので、必ず利用したい方はWi-Fiルーター、現地契約のスマートフォン等をレンタルされることをお勧めいたします。

【オーストラリア】Wi-Fiレンタルはこちら

wi-fiレンタル

Wi-Fi(無線LAN)を利用したい場合

有線でインターネットを利用するには、契約プロバイダーが必要です。
日本で契約しているプロバイダーが留学先の地域にもアクセスポイントを持っているのであれば、そのまま利用可能となります。
自分の留学する地域にアクセスポイントを持つプロバイダーを調べて、日本で事前に加入していくことも可能です。
ご自身で設定が可能な方には費用的にもリーズナブルな現地のプロバイダーを利用するという方法がありますが、その場合のサポートについては、現地の言語になりますので、ご注意ください。

■ 学校やネットカフェのパソコンを利用する

パソコンを持参しなくても、学校に設置してあるパソコンやネットカフェのパソコンを利用する方法もあります。
学校やネットカフェからメールをする場合は、Gmail、hotmail、Yahoo mail のような、ウェブでメールを送受信できる無料のサービスを利用するが良いので、出発前に手続きすることをお勧めいたします。

学校のパソコンを利用する場合は、通学期間内に限定されてしまうこと、混雑時は1回の利用時間が決まっている場合もあります。
ネットカフェは、地域やお店によっては料金が高額な場合もありますが、ネット検索やメールを時々する程度という方はパソコンを持っていかなくても充分対応は可能です。

■ ホームステイ先のパソコンを利用する

ホームステイ先で、インターネットを利用できる保証はありませんが、利用できる場合でも日本語に変換できない場合や、ブロードバンド回線を利用していないご家庭もありますので、ご注意ください。
インターネットの契約も日本のような無制限ダウンロードではなく、制限付きの契約の場合が多く、月々の使用量をホストファミリーにお支払いの上、利用されている方もいらっしゃいます。
利用する際はファミリーに相談してきちんと許可を得てから使うようにしてください。
また、その場合でも一人で長時間や頻繁に利用するのは避けた方が良いでしょう。

■ その他

持っていくパソコン、スマートフォンについてのアドバイス

パソコンを持って行く場合は、留学のタイプによって異なりますが、持ち運びに便利で、Wi-Fi接続が可能なノートパソコンをお勧めいたします。

  1. ワーキングホリデー等で都市の移動や旅行を検討されている場合
    →B5版以下の最軽量パソコン又はスマートフォンをお勧めいたします。
  2. 1都市に長期間留学の場合
    →レポートやパソコンで資料の作成などが必要な場合は、使いやすいサイズの少し大きめのノートパソコンでも良いでしょう。
  3. 電圧とコンセントプラグについての確認
    →オーストラリア・ニュージーランドは電圧が200~240ボルト、アメリカ・カナダは120ボルトです。
    海外はコンセントプラグの形も日本とは異なるので、差し込む時は変換用のプラグが必要になります。

電圧とプラグについての詳細はこちら

留学のカウンセリング/説明会予約 留学の資料請求/お見積り 留学のお問い合わせ 留学のお申込手続き
小・中・高校生対象オーストラリア・ニュージーランド・カナダ・アメリカ・ハワイ2017年~2018年 短期語学留学 留学体験談
留学プログラムから選ぶ
条件を指定して語学学校を検索